腸の健康は短鎖脂肪酸が握っている

腸の健康は短鎖脂肪酸が握っている

 

短鎖脂肪酸をご存じですか?じつはこの短鎖脂肪酸は今や世界の研究者の注目の的です。腸や腸内細菌の研究者からは日々の便秘や不調に悩む人を救う物質なのでは?などという期待の声まであがっているのです。現代人の腸の救世主とも言われるこの短鎖脂肪酸の働きについて説明していきますね♪

 

短鎖脂肪酸はお酢の仲間です

この短鎖脂肪酸は酢酸や酪酸、プロピオン酸などの有機脂肪酸の総称になります。短鎖脂肪酸は腸内細菌によって作られます。その元になるのは食物繊維やオリゴ糖です。これらは腸内細菌のエサになるものです。これら食物繊維やオリゴ糖は体内では消化されにくいものですが、腸内細菌が食べることによって腸内で発酵します。そして出来あがったものが短鎖脂肪酸になります。

 

短鎖脂肪酸は腸内フローラを整えてくれる

短鎖脂肪酸を増やすためには、野菜などの食物繊維をたっぷりとる事が必要です。普段から食物繊維やオリゴ糖をたくさん食事に取り入れていれば、腸内細菌が増えて、増えた腸内細菌によってたくさんの短鎖脂肪酸が作られるようになります。そして短鎖脂肪酸は腸内フローラを整えたり、腸粘膜を健全に動かすためにいろいろな仕事をしてくれます。

 

短鎖脂肪酸は正義の味方!!

短鎖脂肪酸が良い影響をもたらすのは、腸だけではありません。短鎖脂肪酸は腸粘膜から吸収され血液中へ入り体じゅうを回ってさまざまに活躍してくれます。体じゅうの炎症を抑えてくれたり、肥満や糖尿を防いでくれたり体のあちらこちらでおこっている問題を解決してくれます。例えれば、短鎖脂肪酸は正義の味方のヒーローのようです。身体のあちこちで起きている暴動を鎮めてくれているようなものですからね♪