隠れ便秘に注意!

隠れ便秘に注意!

隠れ便秘に注意!

便秘とは何日も出なかったり、お腹が張って苦しいような状態を表すと思われますが、毎日お通じがあっても便秘になっている人がいるそうです。この状態を隠れ便秘といいます。お通じがあるから大丈夫だと、隠れ便秘を放置しておくとどんどん酷くなってしまうそうなのです!!

 

では、隠れ便秘とはどのようなものなのでしょうか?

便秘とは、3日以上便が無い状態や、毎日排便があっても残便感がある状態、排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔不規則で便の水分含有量が低下している状態です。本来、体外に排出すべき便を充分量、快適に排出出来ないという状態なのですね!

 

本来は、トイレに入ってから数分以内に排便出来て、残便感がないのが理想的な状態です。毎日便通があったとしても、なかなか出なかったり、出ても便が硬くて小さくてコロコロしていたり、ふいてもふき切れない場合などの残便感がある状態は便秘の状態なのですね。

 

出ていれば便秘じゃないと思われがちですが、こんな状態が「隠れ便秘」なのです。

男性に比べると女性の方が便秘の人が多い
  • 女性は男性に比べると腹筋や横隔膜の筋力が弱いので、便を排出する力が弱い
  •  

  • 女性ホルモンである黄体ホルモンは身体に水分や塩分をため込むので、腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなりやすい。
  •  

  • 恥ずかしさからトイレを我慢しがち

 

「隠れ便秘」1日でも早く解消したい時におすすめしたいスッキリ快調サプリメント!

 

隠れ便秘は特に、ストレスを抱えている女性に多い

休日の朝など、ゆっくり朝食をとったあと、自然な便意をもよおしてトイレに行くとすぐに排便があってスッキリするものですが、このようなスムーズな排便には時間や心の余裕が必要なのです。

 

しかし、仕事や家事などで忙しい女性は、朝はバタバタして忙しい人が多いですからトイレの時間をゆっくりとれない人が多いものではないでしょうか。それに仕事をしていれば、残業が多かったり、勤務時間が不規則に働いていると、同じ時間に食事がとれなかったりします。

 

仕事の後に飲み会に誘われたり、残業で遅かったりすれば、寝る時間も遅くなりますので、睡眠の時間も不足しますし、眠りの質も低下します。そうなると当然のごとく自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位に立つ事で消化吸収をさまたげ、便秘になるのです。毎日のお通じがあったとしても、便の状態がよくないと感じた時には、リラックスできる時間を持つようにしましょう。

 

便秘になると下剤に頼る女性もいるかとおもいます。一時的には良いかもしれませんが、自然な便通が困難になりますので、便秘だからといって簡単に下剤に手を出さないで、まずは生活習慣の見直しから始めてみましょう。

 

便秘を改善するための習慣
  • 朝起きたら一杯の水を飲むと腸が刺激されて便秘をもよおすし、硬い便に水分を与えることで排泄しやすくなります。
  •  

  • いつもより早起きしてゆっくり朝食をとりましょう。
  •  

  • 睡眠時間は7時間とりましょう。
  •  

  • 通勤の時は一駅歩くなど、適度な運動をしましょう。
  •  

  • 気分転換の方法を身につけ、ストレスをため込まないようにしよう。

 

皆さんも、隠れ便秘かも!と思ったら、まずは朝の時間をゆったりとるという事から始めてみましょうね♪

 

隠れ便秘かも!と思ったらおすすめしたいスッキリ快調サプリメントはこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る