子供の便秘にご注意

子供の便秘にご注意

子供の便秘にご注意

便秘はよくある症状で悩んでいるのはたいてい大人の女性だと思っていませんか?しかし、子供にも便秘になる子がいます。便秘で苦しむ子供はうんちをする時に大人と同じようにとても痛い思いをしたり、苦しんでいる子が多いんです。それを思うと決してほおっておいて良いとは思えませんよね?

 

便秘は単に「便がたまっている状態、便が出にくい状態」ということはわかると思いますが、排便の習慣はひとそれぞれです。

 

国際的な便秘の診断基準

しかし国際的に便秘については診断基準があります。回数に関してはだいたい1週間に2回以下の排泄ということが便秘の基準になります。しかし、毎日便が出たとしても少量しか出なくていつもスッキリしない状態であれば、便秘だと言えます。

 

日本では児童の18.5%が週に2、3回しか便が出ないと言われています。女子高生で言えば30%が3日に1回の頻度だそうです。便が腸内に長くとどまると水分を吸い取られてしまい硬くなっていきます。便が硬くなって直腸に送りだされずに詰まってしまうと腸内にたくさんのベンがたまってお腹の張りが起こります。便が硬くなると、排便のときに肛門が切れて裂肛になったりします。

 

 

見た目には切れているのがわからなくても、便を出すたびに強く痛みますので、子供であれば便をするのを我慢するようになってしまいます。そうするとさらに便が硬くなり、たまっていき、便秘が悪化したり慢性化してしまいます。

 

便秘は治るまでが便秘治療

便秘治療は、一時的に浣腸で便を出したら終わりではなく、便秘で無い状態を維持する治療を行うべきです。便秘になると、浣腸や座薬や下剤などが使われますが、「下剤は癖になるのであまり使わない方が良い」という事を聞いたことはありませんか?

 

しかし逆に、「便をため込むと腸が引き延ばされて縮みにくくなり、余計に便が出にくくなる」恐れもあります。確かに一部の下剤には長期使用で副作用が出るものもありますので、使用の際には医師に相談する必要がありますが、必要な時は使っても大丈夫です。

 

下剤の長期利用が気になるならぜひ便秘解消健康サプリメントを

たまに利用する分には良いのですが、下剤の長期連用が気になるという人はぜひ便秘解消サプリメント使ってみてください。

 

毎日快便でツルン!っと気持ち良くスッキリできると評判が良いんですよ♪

 

 

香ばしいので、お子様にもお菓子感覚で食べさせることも出来ますよ。
苦しい便秘から解放して笑顔にしてあげてくださいね〜♪

 


トップへ戻る