食べないダイエットは便秘になりやすい

食べないダイエットは便秘になりやすい

食べないダイエットは便秘になりやすい

 

女性は男性の3〜6倍は便秘を抱えていると言われています。女性は思春期以降から便秘になりやすいのに対して、男性は60歳以降から急増します。便秘は命の危機までは直結しませんが、生活の質を低下させますので治したいですよね。

 

女性は女性ホルモン分泌により便秘になりやすい

 

女性が男性に比べると便秘が多いわけは女性ホルモンが関係しています。思春期になると卵巣から女性ホルモンが分泌され、生理が毎月来るようになりますが、この時に分泌する黄体ホルモンが腸管に影響を与え、便がたまったという信号を送るのが鈍ったり、腸管の収縮を抑えると言われています。妊娠中になると更に多くの黄体ホルモンが分泌されますので、妊娠中に便秘が増加するのもうなずけます。

 

女性は腹部に臓器が詰まっていることや出産による臓器の癒着で便秘になりやすい

 

女性は卵巣や子宮などの臓器がお腹の中にぎっしりと詰まっています。その上、子宮内膜症などの病気や、分娩や帝王切開を経て臓器が癒着して腸管の運動性が低下することもありますので、女性は男性に比べると便秘になる可能性が高いのです。

 

女性はダイエットで食事を抜きやすく便秘になりやすい

 

 

女性は男性に比べるとダイエット志向が強く、運動よりも食事を抜いたり、食物繊維の不足などにより便の量が減ってしまうことがあります。腸管は便がたまらないと刺激がわからないので、腸管の運動がおきないのです。また、生活の中にストレスが増えてくると腸の運動が乱れて、便秘になることもあります。逆に自律神経が乱れて便を押し出せなくなることもあります。

 

便秘が口臭や体臭や肌荒れを呼ぶ

 

長時間、便が腸の中で滞ると、悪玉菌が増殖し有害物質が産生されます。便秘の時の便が臭いのはこのためで、便秘によって生み出された有害物質は、腸壁から吸収されて、血液を介して全身に回り、肌荒れや口臭、体臭の原因になります。また、大腸の80%は水分なので、長時間大腸に便が滞ると、水分がどんどん吸収され、便が硬くなって大腸内から動きにくくなったりします。

 

食べる量が減ると便の材料が不足して便秘になってしまいます。便秘を解消するために、ダイエットのために、食べないダイエットをするのではなく適度な運動をして腸管を動かすようにしましょうね!

 


トップへ戻る