生理前はどうして便秘になりやすいのでしょう?

生理前はどうして便秘になりやすいのでしょう?

普段は便秘に悩まされないという女性でも、生理前には便秘になるという人も少なくありません。排卵後から月経にかけて、女性の身体にはプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが大量に分泌されます。プロゲステロン(黄体ホルモン)は、水分を保持するという性質があり、大腸からの水分吸収を促し、腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。

 

すると、便の水分が奪われる上に、大腸の働きも弱まるために、便秘になるのです。生理前だけに便秘になるというのは、このような仕組みからですから、生理が始まれば自然と解消されますので、あまり心配するひつようはありません。しかし、生理前でも便秘にならず、快適に過ごしている人もいるのです。

 

なぜかというと、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響に負けない腸内環境と健康な身体を作っているからなのです。オリゴ糖やヨーグルトを日常的に摂取したり、毎日ウォーキングをしたり、規則正しい食生活を意識したり、食物繊維を摂ったり…便秘予防のためにできることを日々行っていると、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響があってもたやすく便秘にならないような身体が出来上がってくるのです。

 

便秘をしてからつらい思いをする前に、日頃から便秘予防になるような生活を目指したいものですね。