赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘を心配するお母さんも多いものです。私もそうでした。特に初めての子供の場合1つ1つのことが分からないことばかりで、とにかく心配したのものです。特に、最初の赤ちゃんに対しては、いろいろなことが気になってしまうようで、丸一日排便がないだけで、いろいろと試してしまうお母さんが多いのです。

 

赤ちゃんの便秘の定義は、排便の際に苦しがっていたり、肛門が切れてしまって出血したりなど、かなりひどい状況のことを言います。赤ちゃんの排便には個人差があり、1日に数回排便する赤ちゃんもいれば、3日に1度の赤ちゃんもいます。どちらも、赤ちゃんがご機嫌で普通に過ごせていれば便秘とは言わないので、あまり心配しないようにしましょう。

 

小児科医が心配しているのは、綿棒で赤ちゃんの肛門を刺激する、赤ちゃんのお腹をマッサージするなど、お母さんがやりすぎてしまうことだそうです。赤ちゃんの身体はとてもデリケート。素人であるお母さんが肛門を刺激すると、傷つけてしまう可能性もあります。また、腸を刺激しようとするマッサージも、赤ちゃんにとっては強い刺激ですから注意が必要なのです。

 

便秘が心配だと感じたら、水分を多めに与える、もしくはやはりかかりつけ医に診せたほうがお母さんも安心ですね。でも病院に行くとたいていは浣腸をするという処置をとることになります。赤ちゃんにとってあの腹痛は苦痛以外のなにものでもありません。赤ちゃんが便秘で本当に苦しんでいるのか、排便のときに出血があるほどなのか、お母さんは落ち着いて観察してあげることが大切です。