妊娠中の悩み

妊娠中の悩み

妊娠中の悩みの中でも多くの人が経験するのが、便秘と痔ですね。まず、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、体内の水分を持って行ってしまう性質があり、便の水分も少なくなりがちで、しかも腸の蠕動運動を抑制する働きもあるのでさらに便秘になりやすくなってしまいます。

 

その上、赤ちゃんが大きくなると子宮は腸を圧迫し、腸管が狭くなるところがでてきたり、排便を知らせる直腸の働きが鈍くなってしまい、便意に気付きにくくなったりすることで便秘になるのです。妊娠初期には、つわりのために食欲が落ちることも多いですし、偏ったものだけは食べられるなど、食の嗜好が一時的にとても変化してしまうこともあります。

 

そうなると、たとえ意識してこまめに水分を摂取したとしても、便に水分を保持するために必要な食物繊維が不足していて便の量が増えなかったり、食べ物自体の量が不足していて充分な便の量がつくられなかったりします。便の量や重さが充分ではないことで、直腸は便意を伝えることができず、便は長い間大腸にとどまり、さらに水分を奪われて硬く、排泄しにくい便になってしまうのです。

 

さらに妊娠中は直腸周辺の血流がとても悪くなり、痔になるひとも多く、硬い便を出すのが苦痛で、便意をがまんしがちになってしまうのも、悪循環のひとつです。妊娠中、便秘で悩む人は本当に多いです。恥ずかしがらずにきちんとかかりつけ医にそのことを伝えましょう。どうしても薬を飲みたくないと感じる妊婦さんもいると思います。そういうこともちゃんと先生に伝えて、どういう対処をとればいいのか相談してみるといいですね。