便秘とうつの密接な関係とは?

便秘とうつの密接な関係とは?

うつ病の患者さんには便秘気味な人が多いということをご存じでしょうか。これは、うつ病の薬の副作用で便秘になってしまうということもあるのですが、それ以外にも、便秘気味な人がうつ症状になりやすいという逆の場合もあるのです。

 

以前は、大腸は小腸で栄養を吸収された残りかすに水分を加えて便として身体の外に出す働きがあると考えられていました。ところが近年、大腸はそれだけの働きではなく、第二の脳と呼ばれるほど神経細胞が張り巡らされ、健康に大きく関わる臓器だということがわかってきました。

 

うつは、セロトニンが不足した状態です。そのセロトニンという快楽物質を作っているのは脳が10%程度なのに対し、大腸が90%なのです。大腸にそんな働きがあったなんて、驚きですね。セロトニンは精神を安定させ、幸せを感じるというホルモンですから、不足するとうつ状態になってしまうのです。

 

大腸を健康に保つためには、便秘をしないこと。腸内環境を整えるために、発酵食品を毎日摂取するのもオススメです。体外から取り入れた乳酸菌は死んでしまうと言われることがあるため、無駄だと思う人もいるようですが、乳酸菌として生き残らなくても、腸にいる善玉菌を増やす働きがあるのでヨーグルトなどを摂取するのは良いことなのです。