高齢者の便秘の悩み

高齢者の便秘の悩み

高齢者になるほど、便秘になる人は増えていきます。身体全体が衰えていくので、腸などの働きも若い頃に比べ衰えていますし、筋力も落ちているため、いきむための腹筋も弱っています。それに加え、身体が必要とするエネルギー量(必要なカロリー)が少なくなるため食事の量が減ります。すると、便の量が少なくなり腸の蠕動運動が起こりにくくなってしまうのです。

 

また、1回の食事に含まれる水分はけっこうあるものですから、食事の量が減ることで水分の摂取量も減っていますから、ますます便の量は少なくカチカチになりがちなのです。中には頻尿を心配して、意識的に水分を摂らない人もいるようです。それでは水分が足りずますます便が固くなってしまいます。

 

高齢者が便秘になりやすい理由として他に、薬の副作用があります。抗生物質や抗うつ剤などは副作用で便秘になることがあるのです。しかしこれらの薬を処方されるのには理由があるので、医師に相談せず便秘だからといって勝手に薬をやめてはいけません。便秘で辛いことを医師に相談すれば、それに合った薬を処方してもらえるでしょう。

 

それでも理想を言えば、やはり薬に頼らず便秘を解消したいものですね。運動不足になるとより筋力が落ちますから、無理のない範囲で運動をし、野菜スープなど繊維質と水分が摂れるようなバランスの良い食事を心がけ、必要ならばサプリメントなどを活用して便秘を解消するようにしましょう。