同じ原因で起こる便秘と生理不順

同じ原因で起こる便秘と生理不順

便秘の女性は生理不順の人が多いというのは本当でしょうか。きちんとした調査はなされていないようですが、女性の悩みとしてこのふたつはとても多いことから、便秘で生理不順という女性はかなりの数になると予想できます。

 

便秘も生理不順も、女性ホルモンにより影響されています。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつのホルモンのうち、プロゲステロン(黄体ホルモン)が活発になると、便秘しやすくなると言います。

 

なぜなら、プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠した女性が流産しないために子宮を収縮させる働きがあるため、腸の蠕動運動を促す筋肉にも影響を与えてしまい、便秘がちになってしまうからです。ホルモンの働きによって便秘と生理不順が起こってしまうことよりも、現代の女性は生活習慣の乱れによって身体が冷え、便秘や生理不順を引き起こしていることが多いようです。そちらは自分の努力次第で改善することができます。

 

便秘や生理不順は病気ではないからと放置せず、食生活や日々の運動を見直し、無理なダイエットや暴飲暴食を避けること。安く済む外食や便利なコンビニ弁当には多くの食品添加物が含まれているためできるだけ避け、自炊するように心がけましょう。