便秘で足がしびれる

便秘で足がしびれる

便秘になることと足のしびれに関係があるのでしょうか。

 

ある20代の女性は、便秘が気になるとたいてい、足がむくんで太腿やふくらはぎにしびれを感じていたといいます。便秘が身体に良くないことはわかっていたので、漢方薬やサプリなども活用しながら便秘を解消したら、しびれることもなくなったというのです。

 

足のしびれの原因は、神経に異常があるために起こります。「葉遺骨神経麻痺」「椎間板ヘルニア」「糖尿病」などの疾病が原因でしびれることもあるため、足のしびれの原因を「便秘だから仕方ない」と片付けずに、病院で検査を受けた方が良いでしょう。

 

検査を受けた上で、異常がない、それでも便秘のときにしびれる感じがするとしたら、やはり大腸内で便が滞ってしまい腐敗し、有害物質を出しているのが原因と言えるでしょう。腸壁から血液に入った有害物質は身体の様々な部分に不調として症状を出しますが、その中に肝臓や腎臓の障害もあります。すると、身体の中の悪いものを分解して外へ出すことがうまくできなくなり、足がむくんだりしびれたりするのです。

 

便秘になりやすい人は、他の生活習慣病を併せ持っていることも多いので、足がしびれたらまずは病院で検査を受け、その上で異常がないなら、便秘の改善に本気で取り組んでみる必要がありそうですね。