冬は痔が悪化しやすい 2

冬は痔が悪化しやすい 2

 

冬は痔が悪化しやすい 1

 

では、なぜ冬は痔が悪化しやすいのか・・・その原因について説明していきますね♪

 

冷え症で血行が悪くなる

 

冬になると気温が下がることによって体温も下がります。それによって肛門周辺の血行も悪くなり、肛門周辺がうっ血して炎症がおこり、いぼ痔を悪化させたりします。特に、生鮮食品売り場などの気温が低い場所で働く人は気をつけた方が良いです。

 

身体が冷えると自律神経を乱します、下痢や便秘をおこしますし、裂肛や痔ろうも悪化します。カイロで背中や腰、足に張るなど身体を温めるようにしましょう。入浴中はシャワーではなく、きちんと湯船つつかって身体を温めましょう。

 

残業で座りっぱなし

 

デスクワークの人は年末になって忙しくなると残業などで座っている時間が長い人が多いと思います。寒くて昼休みもランチを食べに外に出る気になんてなれませんよね?動かないので運動不足にもなりますし、増えた体重が肛門に長時間かかって肛門周辺がうっ血しがちになってしまいます。

 

冬でも運動は必要です。通勤時に一駅手前で降りて歩いたり、仕事の後にはジムで汗を流すなど。仕事中にも1時間に一度、10メートル程歩くように心がけると良いですよ。

 

忘年会シーズンのお酒

 

 

冬は忘年会シーズンで飲酒の機会が多いです。お酒は痔の大敵です。というのも、アルコールは末梢血管を拡張する働きがありますので、身体の表面の血流はよくなります。しかし、内臓は血液が不足するので血流が悪くなってうっ血してしまいます。

 

お酒には炎症を起こす物質アルカロイドが含まれていますので下痢のリスクもあります。肛門周辺はうっ血し、下痢で悪化するという二重の意味でも痔が気になる人は控える方が良いのですが、もし飲むのであれば日本酒やワインなどのアルカロイドが含まれる醸造酒ではなく、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒の方が良いです。

 

 

冬は痔が悪化しやすい 3