糖質制限しながら便秘解消は可能!快適なダイエット生活を手に入れましょう

糖質制限しながら便秘解消は可能!快適なダイエット生活を手に入れましょう

糖質制限しながら便秘解消は可能!快適なダイエット生活を手に入れましょう

 

『糖質制限をはじめたら、便秘になった』

 

『便秘改善のために、糖質制限をやめたくない』

 

そんな悩みを解決します。

 

糖質制限して、肌荒れがひどくなった経験はありませんか?
便秘が原因かもしれませんよ。

 

便秘解消と糖質制限の両立は、腸内環境の改善をしましょう。

 

『今すぐ糖質制限をやめ、ご飯をたくさん食べろ』

 

なんていいません。

 

腸内環境にきをつければ、糖質制限と便秘解消の両立ができます。

 

このページは、以下の人が対象です。

 

  • ダイエットをしていて糖質制限をしている人。
  • 糖質制限をやめずに便秘改善したい人。

 

記事を読み終わるころには、糖質制限と便秘解消の両立ができているでしょう。
かんたんで、今日からでも実践できる方法だからです。

 

便秘解消ができたら、肌もキレイに。
糖質制限が成功したら、痩せてもっとキレイになります。

 

今日からでも、すぐ便秘対策をして、今よりキレイな理想の自分へつなげましょう。

 

便秘の原因は便の量が少ないのと、便が運ばれないこと

便秘とは、腸内のどこかに便が長時間とどまっている状態。

 

大部分の理由は、便意がないからです。
便意は、便を出したいという脳からの命令(便意)とおもってください。

 

脳から命令(便意)が出る合図は、直腸の壁が便により、押し広げられたときです。
つまり、便が直腸まで届かなかったり、少ない量では直腸の壁が押し広げられません。

 

結果、便が長時間とどまり、便秘。

 

糖質制限中便秘の原因は、腸内環境の悪化です

悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化します。
悪玉菌が増えるといけない理由は、腸のぜんどう運動を邪魔するからです。

 

腸のぜんどう運動がおこると、便が外に向かって移動します。
ぜんどう運動がおこなわれないと、便が移動できません。

 

腸内は、善玉菌、悪玉菌、その他の菌の3種類がいます。
腸内環境の理想的バランスは、善玉菌と悪玉菌の比が7:3です。

 

悪玉菌の数が増えすぎた状態は、腸内環境が悪化している状態。
その他の菌は、善玉菌と悪玉菌を比べて、数がおおい方の味方です。
つまり、善玉菌を悪玉菌よりおおい数にしないと、腸内環境の悪化につながります。

 

ここでは、腸内環境の悪化(悪玉菌が増える)の原因を紹介します。

 

よく噛まないと食べ物が消化されず、腸内環境が悪化

よく噛まないと、食べ物が小さくならず、消化されない食べ物が身体の中で増えます。
消化されなかった食べ物は、悪玉菌のエサです。
エサがたくさんあるほど、悪玉菌が増えます。

 

食べる量が減ったからだけでなく食物繊維も不足したから

 

糖質制限中はごはん、パン、麺類などの炭水化物を制限しますよね?
炭水化物とは、糖質+食物繊維です。
つまり、食物繊維も一緒に制限してしまっています。

 

 

食物繊維は、善玉菌のエサです。
不足すれば、善玉菌が増えにくく、悪玉菌が増えやすくなります。

 

食物繊維は便の量を増やす役割もあるので、不足すれば便の量が少なくなり、直腸の壁が刺激されません。
脳からの命令(便意)がないので、便秘になります。

 

タンパク質が悪玉菌を増やす

糖質制限中は、ごはんやパンを食べないかわりに、肉をたくさん食べてしまった経験はありませんか?

 

悪玉菌は、肉や脂肪も大好物。
つまり、悪玉菌が増える原因です。

 

糖質制限と便秘解消の3つの対策
よく噛んで消化を助けましょう

よく噛むと、内臓の負担をかるくし、悪玉菌のエサを減らします。

 

内臓に負担がかかると、食べ物を消化しづらくなります。
消化されなかった食べ物の塊は、悪玉菌のエサになりやすいんですよね。

 

糖質制限中は、ごはん、パンなどのかわりに、肉を多く食べていませんか?
肉などのタンパク質は、消化されるのに糖質よりも内臓の負担がおおきくなります。
よく噛んで、内臓の負担を減らしましょう。

 

食物繊維で便と善玉菌を増やそう

食物繊維は、便の量を増やし、善玉菌のエサになるものでしたよね。
意識すれば、かんたんにとれる食材ばかりです。
むずかしいなら、健康サプリメントでも効果があります。

 

食物繊維が豊富な食材は、以下です。

 

  • 納豆、いんげん、大豆、豆腐、きなこ、枝豆などの豆類
  • ごぼう、かぼちゃなどの根菜類
  • ひじき、昆布などの海藻類
  • こんにゃく、さつまいもなどの芋類
  • りんご、干し柿などの果物類
  • キャベツ、ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜

 

 

ゆるく糖質制限をしている人は、玄米、雑穀米、全粒粉パン、ライ麦パンがおすすめです。
理由は、炭水化物の中でも食物繊維がおおいからです。

 

発酵食品と食物繊維の合わせ技

おすすめは、きな粉ヨーグルトです。
なぜなら、きな粉は食物繊維で、ヨーグルトは善玉菌をふくむ発酵食品だからです。

 

善玉菌とは発酵食品中にふくまれ、悪玉菌の増やさず、腸のぜんどう運動を活発にします。

 

代表的な発酵食品はキムチ、ヨーグルト、納豆です。

 

納豆は発酵食品でもあり、食物繊維もふくむので、便秘の解消には適した食品。

 

意識して発酵食品をとると、善玉菌を増やしていけますよ。

 

まとめ

便秘解消には、糖質制限が邪魔になることがあります。
しかし、なぜ便秘が起こっているのかを理解すれば、便秘解消と糖質制限を両立できます。

 

例えば、タンパク質を肉ではなく食物繊維の多い大豆でとるようにしてみましょう。
悪玉菌も増えにくく、糖質制限もできていますよね。

 

ぜひ、このページの知識を利用し、糖質制限と便秘解消の両立に挑戦してくださいね。
そして、快適に糖質制限をつづけ、自分の望む姿へと変身しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る