痔の原因となる要素

痔の原因となる要素

痔の原因となる要素はいくつかあるようです。いぼ痔と呼ばれる、肛門付近に突起物ができてしまう痔は、肛門の毛細血管部分の血流がわるくなることが原因でできるそうです。長い間同じ姿勢で座っていることで、肛門に負担がかかり、血流も悪くなるためこのいぼ痔ができやすくなってしまうと言うのです。

 

私も、高校生までは便秘や痔に悩まされることなどなかったのですが、高校卒業後、会社員としてデスクワークをするようになってから、便秘や痔になってしまうようになりました。仕事のストレスで血流が悪くなっているため、冷えや便秘、そして同じ姿勢で座っている仕事が原因で痔が悪化したのだと思います。

 

便秘は、便が硬くなるために切れ痔の原因になり、これも痔を悪化させていました。それでは便がやわらかければ良いのかというと、そうではないようです。例えば下痢も、痔の原因になるということです。下痢をすると、排便の際にどうしても出し切れていない残便感があるために、何度もいきんでしまい、痔を悪化させるのだそうです。

 

また、下痢便によって肛門に細菌が繁殖してただれてしまい、切れやすくなって痔の原因となることもあると聞きました。私の場合、原因は冷えや血流の悪さ、同じ姿勢での仕事だとわかっているため、身体を冷やさないようにする工夫や、仕事中もストレッチをして血流をうながすなど、努力しているところです。