痔ろう

痔ろうは自然治癒しません

痔ろうは自然治癒しません

私の夫が痔ろうの手術を受けたのは、肛門周囲膿瘍の膿を切開により出した後、1ヶ月後でした。肛門周囲膿瘍の膿は、袋の中に入っている状態になり、膿を出した後もその袋にまた膿が溜まったりして、筒状の「痔ろう」ができてしまうと言います。

 

その「痔ろう」は自然治癒することはなく、手術で取り除かないかぎりまた膿が溜まったり、細菌に感染して高熱が出てしまったりするということだったので、夫はすぐに手術を希望しました。痔ろうになるまえの段階、肛門周囲膿瘍は、はじめはそれほど痛みがなく、違和感がある程度だったそうです。

 

夫はどちらかというと心配性なので、すぐに医療機関で診察を受けたのですが、人によっては下着についた膿を便と勘違いして、少々便をもらした程度に捉えてしまう人もいるといいます。そのまま放置してしまうと、膿が肛門の周囲に広がります。すると痔ろうになる管も複雑で取り除きにくい状態になってしまうと言うのです。

 

肛門の周囲の筋肉は、肛門を閉めるためにつかわれますから、手術がうまくいかないと肛門を閉める力が弱くなってしまうなど、困ったことになるという説明を聞きました。肛門の治療は、恥ずかしさもあって「そのうち治るだろう」と我慢してしまいがちですが、肛門周囲膿瘍はできるだけ早く受診して、治療をはじめることが大切なようですね。