便秘と切れ痔の関係

便秘と切れ痔の関係

切れ痔と便秘の関係は、とてもわかりやすいものです。便秘をして便が硬くなると、排便のときに肛門を傷つけてしまうため、切れ痔になってしまうのです。一度切れ痔になると、その部分は排便の際切れやすく、切れるたびに激しい痛みを伴います。すると、トイレに行くのがいやになり、ますます便秘が悪化してしまうと言う悪循環におちいりやすいのです。

 

解決方法としては、まず便をやわらかくすることです。根本から便秘を解決することが大切なので、できれば食生活や生活習慣を見直して、自然と便をやわらかくすることが理想だといいます。しかし、どうしても緊急に便をやわらかくしたい場合は、便秘薬などをもちいる方法もあります。

 

私は、便秘を改善するときに、食生活を見直しました。友人に「便秘にはとにかくアボカドが効くよ〜!」と言われて、アボカドを毎日食べたのですが、私にはあまり効果がありませんでした。別の友人が「絶対、ゴボウだよ」と言うので、味噌汁や天ぷら、きんぴらゴボウなど毎日ゴボウを食べるようにしたら、私には効果がありました。

 

他にも、ヨーグルトが効くという友人もいますし、朝冷たい牛乳を飲む、という友人もいます。自分にピッタリな便秘解消方法をみつけておくと安心ですね。