便秘・切れ痔の人のウォシュレットの使い方

便秘・切れ痔の人のウォシュレットの使い方

便秘が原因で切れ痔になったとき、病院へ行くと「患部を清潔に保って」と言われます。排便後にウォシュレットを使って洗うことで、清潔に保つことができ、快方へ向かうこともあるといいますが、切れ痔では痛すぎてウォシュレットを使うことができないという人も多数存在するようです。

 

また、便秘の人が、排便をうながすためにウォシュレットの水流を肛門に強く当てるというのはよく聞く話です。実際、肛門に刺激を与えることで排便はうながされますので効果はあるのです。ただし、水流を強くして肛門に当てているため、肛門付近の皮膚が痛んでしまうというマイナス面もあり、排便はうながされても、逆に切れ痔の原因をつくっているということもあるといいます。

 

便秘の人は、痔になりたくなければ、ウォシュレットの水圧刺激で排便をうながすことは習慣にせず、食べるものや運動など、生活習慣で根本から便秘を治す必要がありますね。また、すでに切れ痔になってしまっている便秘の人は、ウォシュレットを使うなら水流をもっとも弱くして、軽く洗い流す程度にした方が良いでしょう。その後、痔の軟膏などつけておくようにすれば、快方に向かうでしょう。

 

ウォシュレットで洗うと痛みがあるようならば、使用しない方が良いです。面倒でもお風呂に入って、弱いシャワーで流すなど工夫してみてくださいね。