お灸で便秘改善

お灸で便秘改善

便秘のような慢性的な病気、それも冷えからきている病気は、東洋医学の考え方のほうが一時的に効果を出す西洋医学の考え方よりもよい効果があることが知られています。便秘薬などで今溜まっている便を排泄することも大切ですが、身体の冷えをとることで根本から治療していくことで、便秘ぐせを治すことが大切です。

 

私も先日、はじめて鍼灸院を試してみました。先生はお腹を触って、腸の状態を調べたあと、お腹にある関元というツボにお灸をしました。冷え症だとは思っていましたが、先生がお腹を触診しながら「冷たいですね」とおっしゃったのには驚きました。指先や足先が冷たくなることはよくあったのですが、私のお腹も、触ってつめたいくらい冷えているとは思いませんでした。

 

関元は、おへその下指4本分のところにあります。ここにお灸をすると、すぐに身体全体がポカポカしてきて、私の場合はうっすら汗をかくほど温まりました。お灸をした翌日は、スッキリと気持ちの良い排便がありました。

 

先生によると、身体の冷えは万病の元なので、定期的にお灸などで身体を温めると良いとのことでした。親切な先生で、ドラッグストアで購入できる、手軽なもので自分でもできますよと、教えていただきました。