腸内環境を整える生活で便秘解消 食物繊維

腸内環境を整える生活で便秘解消 食物繊維

 

食物繊維はたんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどに続く必要な栄養素の一つです。食物繊維は大腸内で発酵や消化されないカスのようなものなので身体には必要ないと思われがちですが、食物繊維の摂取が、腸の病気、心臓疾患、動脈硬化に効果があるのではないかということで研究がされていました。そして、大腸がんの発生の可能性を低めるなどの様々な効果が発表がされています。

 

食物繊維には二種類あります。ひとつはその名の通り水に溶ける水溶性食物繊維、もうひとつは水に溶けにくい不溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は、ネバネバしている食品に多く、昆布、わかめ、里芋などに含まれています。サラサラしている食品には果物などがあります。

 

ネバネバしている水溶性食物繊維は胃腸内をゆっくりと移動していくので、お腹がすきにくくなり、食べ過ぎを防いだり、糖質の吸収を抑えて急激な血糖値の上昇を抑えます。水溶性食物繊維は便になる過程で発酵分解されるとビフィズス菌の餌になり腸内環境を改善します。

 

不溶性食物繊維は野菜や豆、穀類に多く含まれていて、保水性が高く腸内で膨らみ、腸を刺激して便通を良くします。。不溶性食物繊維を含む食品は良く噛まなければならないものが多いので顎を鍛え歯並びを良くしてくれるとも言われています。不溶性食物繊維は水溶性食物繊維よりは発酵はしませんが、これもビフィズス菌の餌になり腸内環境の改善に役立ちます。
水溶性食物繊維も不溶性食物繊維もどちらも腸内環境を整えるために必要な食物繊維なのです。