腸内環境を整える生活で便秘解消 牛乳に気をつけよう

腸内環境を整える生活で便秘解消 牛乳に気をつけよう

 

牛乳というと小さい頃から飲んでいる健康にいい飲み物というイメージがありますが、意外や意外、牛乳もあまりおススメ出来る飲み物ではないという考え方もあります。牛乳は本来子牛が成長するために飲むもので成長したら飲むのをやめてしまいます。しかし、人間は母乳で育った後から、牛乳を飲み始めて大人になっても飲み続けます。

 

カルシウムは牛乳で摂るというイメージが強すぎるからかもしれませんね。しかし、ある研究によると牛乳を飲めば飲むほど骨がもろくなると発表されているそうです。特に日本人は、牛乳を分解し吸収する仕組みが体内で完成していない人が多いのでお腹を壊しやすい人が多いようです。

 

このような症状を「乳糖不耐症」と言います。乳糖を上手に分解する事が出来ずに吸収不良を起こしてしまい、下痢や腹痛などの症状をひき起こします。たまに牛乳を飲むとおなかが緩くなったりごろごろする方は、この乳糖不耐症が原因なのだと考えられます。

 

牛乳にはIGF-1という、インスリン様成長因子が含まれています。IGF-1は強力な成長ホルモンですので、成長期の子供が摂取することで成長を促します。しかし過剰摂取することで異常な細胞を増殖させガンになるとも考えられています。戦後牛乳を飲むようになった日本人の乳がん・前立腺がんの割合は急増したのだそうです。

 

日本では高温殺菌処理して市販されているものがほとんどなので栄養分が失われているとも言われていますし、身体に負担をかけてまで飲まなければならない飲み物ではないのです。もし、飲むとしてもカルシウムを摂る目的で大量に飲むのではなく、適量に飲むようにしましょうね。