便秘 赤ちゃん

赤ちゃんが便秘になった時の対処方法

赤ちゃんが便秘になった時の対処方法

便秘は大人だけがなる症状ではありません。赤ちゃんもなってしまうものなのです。意外ですが、赤ちゃんが便秘になってしまうことはとても多いです。赤ちゃん自身がどうにかすることが出来る事ではないので、世話をする親がきちんと対処してあげなくてはいけません。では、どのようにして対処していけばよいのでしょうか。まず、赤ちゃんが3日も便が出ない場合は、便秘になった可能性があります。

 

そのため、処置をする必要があります。水分が足りていない可能性があるため、いつもより水分を多めにとらせることが最もはじめに行うべきことです。ミルクではなく湯冷ましを飲ませてあげるようにしましょう。中には湯冷ましを嫌がる子もいるかもしれません。その場合は砂糖水をつくります。砂糖水とは、50CCのお湯に砂糖を2.5グラムとかしたものです。

 

次に、お腹をゆっくりと手のひらでマッサージしてあげます。そっと優しく行うことが大切です。また、あたたかい手のひらで行うようにしましょう。おへその周辺で、「の」の字を描くようにマッサージしていきます。また、お腹をあたためてあげることも大切です。お腹の周辺にタオルケットなどをかけてあげて、あたためるようにしましょう。うつぶせにさせて腹筋を刺激するという方法もありますが、こちらは必ず目を離さないようにしましょう。うつぶせ寝は危険を伴いますので、注意が必要です。

 

ミルクを飲ませている場合は、ミルクが原因になっていることもあるので銘柄を変えてみましょう。改善される可能性があります。それでも便秘が改善されない場合は、綿棒で肛門をさわります。オリーブオイルをつけた綿棒を肛門に少しだけ入れて、前後に動かして刺激をあたえてあげるのです。そうすることで、出てくれる場合があります。この場合も、そっと優しく2センチほど入れるようにしましょう。嫌がったり泣いた場合は、やめた方がよいです。このように赤ちゃんが便秘になった時は、様々な対処方法があります。

 

赤ちゃんが便秘になった時の対処方法記事一覧

青汁には便秘解消の効果も期待できます青汁には便秘解消の効果も期待することができます。便秘を解消するためには、水分や食物繊維が大切です。青汁であれば、食物繊維も水分も同時に摂ることができます。しかも手軽に摂ることができますので、継続しやすいというメリットもあります。現代人の食事には食物繊維が減っています。それが便秘の原因にもなっています。便秘を放置しておくと老廃物が身体に溜まりやすくなります。健康に...

トップへ戻る