便秘解消とアルコールについて

便秘解消とアルコールについて

便秘解消にお酒が有効であるということが知られています。特に便秘の症状が無い人でもアルコールを飲むと下痢気味になってしまうということはあるでしょう。そのような機能が強く出るアルコールとしてはビールが知られています。そのためビールを飲みながらの程良い食事は便通を良くする効果が期待できるのです。便秘というのは腸の中に便がたまった状態のまま出てこない症状を言います。普通に生活していればどんどん出てくるのが正常な状態なのですが、何らかの状態で腸内から便が排出されずに固まってしまうような状態になることがあります。

 

そうなってしまうと便秘の症状は慢性化してしまいます。便秘とは腸内にある便が固く固まってしまい、自然の腸の活動では排泄されなくなってしまう状態のことを意味します。このような慢性の便秘には色々な原因があるのですが、水分不足によって長があまり動かなくなってしまうのがその理由の一つとして知られています。腸の機能というのは消化した食べ物から栄養分を吸収し、最後に水分を吸収することが目的になっています。この一連のプロセスがしっかりと機能するためには十分な食べ物と水分が必要なのです。

 

そんな中でビールをはじめとするアルコールは優秀な機能を発揮します。これはあるk−ルに腸を刺激する作用があり、腸の中の便の水分を吸収する前に排泄させてしまうという機能を発揮するからなのです。便に多くの水分を保ったまま排泄しようとしますので便が柔らかくなります。謙譲な状態であれば下痢ともとれる症状を呈しますが、便秘の人にとってみれば便通が良くなったように感じられるかもしれません。

 

実は炭酸も腸を刺激する機能を持っています。そのため発砲するアルコールは便通を良くする効果があると考えることが出来るのです。しかしこれは正常な機能を一時的に麻痺させるために発生する症状です。過度な摂取はやはり体には悪いことですので注意が必要です。