便秘になったら病院で受ける診察

便秘になったら病院で受ける診察

 

たかが「便秘」だと思っていたら、じつは大腸ガンやクローン病などの重大な病気が隠れていたという事もよくあります。なので、急に便秘になった人や、慢性の便秘で下剤を使っている人、血便が出た人、便秘と下痢を繰り返している人は胃腸科や消化器科などで診察を受けましょう。

 

検診
  • いつから便秘が始まったのか
  • 腹痛やお腹の張り、血便はあるか
  • 下剤をのんでいるか?
  • 朝食を食べているか
  • 食生活はどうか
  • 野菜や果物類をよく食べるか

などの質問を受けます。

 

問診

医師がおなかに手を当てて、お腹の張り具合を調べたりします

 

全身状態や血液検査

肝機能や肝炎などの感染症がないか、貧血や心臓病やぜんそくなどの持病がないかを調べましょう。婦人科の病気が疑われる場合は婦人科の検査を行う。

 

便潜血の検査

便に血液が混じっていないかの検査を専用の容器に便を入れて提出します。

 

注腸エックス線検査

肛門から腸にバリウムと空気を入れてエックス線で撮影して異常がないか検査します。

 

大腸内視鏡

先端に小型カメラがついたチューブを肛門から大腸に入れて腸の内部をモニターに映し出します。

 

※注腸エックス線検査や大腸内視鏡は希望によって行いますが、大腸ガンにかかった家族がいる人や肉をよく食べる人は1年に一度受けておいた方が良いです。

 

検査の結果、他の原因となっている病気がない時は、乳酸菌の整腸剤で腸内環境を改善したり、効き目が穏やかな酸化マグネシウムの下剤を処方されたります。便意がなくなってしまって、自力で排便出来ない人は、座薬で直腸を刺激して排便と一緒に直腸反射を起こす訓練をしたりします。ストレスが原因で便秘になっている場合は、精神安定薬や漢方を使います。