便秘薬が原因で腸がねじれたり壊死してしまうことも

便秘薬が原因で腸がねじれたり壊死してしまうことも

便秘薬が原因で腸がねじれたり壊死してしまうことも

現代では、仕事や家事に日々忙しく、トイレすらゆっくり行けない人も多いですよね?便秘になる人の中にはトイレに行きたいのを我慢している人が多いのです。最近では、ドラッグストアに市販の便秘薬もさまざまな種類が出回っていますので、誰でも簡単に手に入れることが出来ます。

 

しかし・・・

 

その便秘薬使い続けていて本当に大丈夫なのでしょうか?

いつまでも便秘薬に頼り続けて大丈夫なのでしょうか?

 

 

市販されている便秘薬で注意した方が良いもの

便秘でわざわざ病院にいくなんで面倒くさいし、時間もないと思っている人も多いと思いますので、ドラッグストアで販売されている便秘薬について詳しく説明していきたいと思います。

 

便秘薬には、さまざまな種類があります。その種類には、刺激性下剤や膨張性下剤などがありますが、その中で最も注意してもらいたいものが、刺激性下剤です。

 

刺激性下剤
  • アントラキノン系・・・・・センノシドやセンナ、アロエ、大黄などが含まれる
  • ジフェニール系・・・・・ビサコジル、ピコスルファートナトリウムなどが含まれる

 

ドラッグストアで便秘薬を購入する際は、薬剤師さんに効能や使い方を聞けば丁寧に説明してくれますが、実際には正しく使えている人は少ないようです。特に心配なのは、長期間に刺激性の下剤を使う事です。

 

刺激性の下剤は依存や耐性が指摘されています。使い続けるとクセになって同じ量では効きづらくなり、より重度の便秘になってしまう恐れもあるのです。

 

 

 

刺激性の下剤は大腸の粘膜や腸の神経を直接刺激して腸を動かす仕組みなのですが、刺激を続けることで腸の働きが弱まってしまう恐れがあるのです。このように、腸の動きがどんどん悪くなると、巨大結腸症結腸過長症という病気が発症する人もいます。この病気は腸がねじれたり、壊死したりすることで、最終的には手術で腸を切らなければならなくなるケースもあります。

 

便秘薬がガンを引き起こすことも

 


トップへ戻る