便秘にはミヤBMが効果的?どんな薬なの?

便秘にはミヤBMが効果的?どんな薬なの?

便秘にはミヤBMが効果的?どんな薬なの?

便秘にはミヤBMが効果的?どんな薬なの?

 

便秘も悪化すると慢性化したり命にかかわることがあります。軽度のうちに改善できるように、なかなか便が出なくて悩んでいる方はすぐに改善しましょう。ここでは便秘に効果のある「ミヤBM」について紹介します。腸内細菌のバランスを整える薬として知られていますが、一体どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

ミヤBMとは

ミヤBMは、腸内細菌のバランスを整えるビオフェルミンと似た効果のある薬になります。腸の調子を整えるので便秘改善に期待でき、約1000万個の酪酸菌が含まれているのが特徴です。酪酸菌はあまり知られていない菌なので「一体どんな菌なの?」と不安に思う方もいると思いますが、善玉菌の一種で腸内フローラをしっかり育ててくれます。

 

善玉菌と聞くとビフィズス菌を思い浮かべる方が多いと思いますが、酪酸菌はビフィズス菌を育ててくれる菌です。よって、酪酸菌が十分にある腸内は便秘だけでなく下痢や膨満感といった症状もスッキリ解消してくれるでしょう。

 

ビオフェルミンとの違い

ビオフェルミンと似ている薬ではありますが、酪酸菌と違うのは“菌の種類”になります。どちらも整腸剤であるのは間違いないのですが、ビオフェルミンはビフィズス菌が、酪酸菌にはその名のとおり酪酸菌が含まれています。また1粒に含まれている菌の量も異なります。

 

ミヤBM

2粒に約1000万個の酪酸菌

 

ビオフェルミン

1粒に100万〜100億個のビフィズス菌

 

またそれぞれの菌は特徴も違うため、同じ整腸剤でも効果が異なるのでしょう。ですから便秘で悩んでいる方はビオフェルミンだけでなくミヤBMを試してみることもおすすめします。

 

正しい服用方法

酪酸菌は年齢や症状によって適宜増減されますが、基本的に成人であれば1回1〜2錠を1日3回服用します。多く飲んだからといって特に問題が生じるわけではありませんが、万が一お腹の調子が悪くなった場合は医師または薬剤師に相談することをおすすめします。

 

まとめ

便秘は放置しておくと大変です。また毎日排便があっても便の状態が悪いと健康とは言えません。ミヤBMを使えば、万が一便秘やお腹の調子が悪くてもしっかり対処できます。酪酸菌が腸内細菌のバランスを整えお腹をスッキリさせてくれるでしょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る